当場生産馬のマテンロウノカゼ号が3歳未勝利戦を快勝!

7月14日、函館第2R3歳未勝利戦(ダ1700)に当場生産馬のマテンロウノカゼ号が出走しました。

 

 

新馬戦以来、掲示板に載っていなかっただけに、この日は7番人気でレースを迎えました。

スタート直後は最後方からレースを進めながらも、鞍上の横山和生騎手の指示に応えて、向こう正面では一気に先頭にまで躍り出ます。

直線でも脚色が鈍ることなく、最後は2着馬に2馬身1/2差をつけて優勝しました。

 

 

馬主様をはじめ関係者の皆さま優勝おめでとうございます。

本馬は庭先にて現在の馬主様にご購買いただいた馬です。

ディープボンドの半弟で父ドゥラメンテということで当場としても期待している馬ですが、勝ち上がるまで時間がかかってしまい、馬主関係者の方々はもちろん厩舎関係者の方々にもご迷惑をお掛けしていると感じています。

怖がりな面があるのか、結果的に今日のような極端な競馬が現状この馬に合ったということかもしれません。

横山和生騎手の好騎乗も大きかったと思います。

ここまで立て直せたのは、間違いなく厩舎サイドの努力の賜物でしょう。

本来持っている彼の素質をさらに開花できるような走りを、今後も期待したいと思います。

 

当場生産馬のインテグレイト号が3歳以上1勝クラスを快勝!

7月13日、小倉第8R(3歳以上1勝クラス、芝2000)に当場生産馬のインテグレイト号(父キタサンブラック)が出走しました。

 

 

新馬戦を快勝した後の大寒桜賞では、馬場の影響もあったのか伸び切れずに9着に終わったインテグレイト。

3走目の今回は新馬戦と同条件ということもあり、4番人気に支持されてレースに臨みました。

外目の枠からの発走でも良いスタートを切って、最初のコーナーを回るあたりでは2番手に付けていました。

道中、出入りの多い展開のなかインテグレイトはしっかりと脚を溜めて、3コーナーあたりでは少しエンジンのかかりが遅いようにも見えましたが、それでも4コーナーを回る頃には先頭に立つ勢いに。

直線でも止まらず力強く抜け出して、最後は2着馬に3馬身差をつけて優勝しました。

馬主様をはじめ関係者の皆さま優勝おめでとうございます。

 

 

本馬は、2022年のセレクションセールにて現在の馬主様にご購買いただきました。

セール上場に向けての当時の記事はこちらからご参照ください。

 

【1歳時のインテグレイト】

 

前走からプラス10kgという馬体重を見ても、よりボリュームアップしているように見えましたし、体幹がしっかりとした走りになってきているように映りました。

以前までCWでの調教タイムはなかなか伸びないところがありましたが、この中間はCWでも以前より動けている印象です。

厩舎で追い切り本数をしっかり消化するなど、厩舎でしっかり立て直していただいた結果が今回の勝利につながったのでしょう。

血統的にもまだまだ成長が見込めるので、この秋に向けてさらに大きな舞台での好走を期待したいと思います。

 

なお、本馬の半弟エイシンキルデアの2023(牡、父インディチャンプ)が、本年のセレクションセール1日目(7月22日)に上場予定です。

こちらも是非ご注目ください。

 

【セレクションセール】№494クラシックスの2023(牡 父マジェスティックウォリアー)

今年のセレクションセールでは、当場生産馬が3頭合格しています。

今回は、そのなかで3日目に上場予定の№494クラシックスの2023を紹介させていただきます。

本馬の牝系解説文(ブラックタイプ)はこちらからご参照ください。

 

上記の360℃画像は、クリックもしくはタップしながら横にスライドすると回転していきます。

 

【7月15日現在】体高156cm 胸囲180cm 管囲20.8cm 馬体重470kg

 

本馬は現在、当場の高江第1分場(1歳分場)にて昼夜放牧をしながらセリ馴致をしています。

当場の方針として、当場内でセリ馴致する際はセールに上場することだけを目的とせず、将来の競走馬という意味でもしっかりと基礎体力を付けて送り出したい思いから昼夜放牧も同時に実施しています。

G2日経新春杯勝ちのモズベッロ(2017年セレクションセール取引馬)、国内外の重賞を4勝している現役馬ディープボンド(2018年セレクションセール取引馬)、G3エルムS勝ち馬フルデプスリーダー(2018年セレクションセール取引馬)、G2AJCCとG3エプソムCの勝ち馬ノースブリッジ(2019年セレクションセール取引馬)、そして今年のG3葵SとG3北九州記念の勝ち馬ピューロマジック(2022年セレクションセール取引馬)。

彼らはすべて当場生産によるセレクションセール上場馬ですが、当場内で昼夜放牧をしながらセリ馴致をしてセール上場した馬たちです。

正直なところ、昼夜放牧をしながらセリ馴致をすると疲労が溜まりやすいのですが、そのあたりは獣医に相談するなどして適切なケアをしてもらって対応しています。

これまで同様、セール当日に向けて細心の注意を払いながらセリ馴致を進めていきます。

 

当場から上場予定の3頭のなかで、本馬の父マジェスティックウォリアーだけが既に複数世代の産駒をデビューさせている種牡馬になります。

7月5日現在、マジェスティックウォリアー産駒の上位50頭(獲得賞金順)を調べたところ、次のような血統的特徴が見受けられました。

 

①産駒の母方にHaloの血が入っている 40頭/50頭

②産駒の母方にNasrullah/Princequilloの組み合わせに代表されるようなNearco系×Prince Rose系のニックから成る血脈が存在する 32頭/50頭

③産駒がMr.Prospectorクロスを持つ 27頭/50頭

④産駒がBuckpasserクロスを持つ 22頭/50頭

 

①に関しては、母方にサンデーサイレンスの血が入っていれば満たされる条件なので、特別珍しい傾向ではありません。

本馬の場合は、母方にサンデーの血はないものの、母父キングヘイローを通じてHaloを持つので該当します。

 

②に関しては例えばSecretariat、Seattle Slew、Sir Gaylord、Riverman、Mill Reefのような血脈が該当します。

なぜ、このような血脈が母方にあるとマジェスティックウォリアー産駒は活躍傾向にあるのか。

それはおそらく、マジェスティックウォリアー自身の血統にSeattle SlewやSecretariat、Sir GaylordといったNearco系×Prince Rose系のニックから成る血脈が複数存在することが関係していると思います。

 

 

上記はマジェスティックウォリアーの5代表ですが、ハイライトの血脈がNearco系×Prince Rose系のニックから成る血脈です。

これらの血脈が、産駒の世代で母方の同型血脈と相似クロスを形成することで能力強化につながるのではと推測しています。

本馬の血統においては、母方にSir Gyalordやボールドラッドがあるので、この②の傾向にも該当します。

特に、本馬の母父キングヘイローはSir Gaylord4×4なので、マジェスティックウォリアーの血統的特徴を活かす血脈としては適していると思います。

さらに深く言及すると、この②の血統的特徴に加えて、本馬の世代ではSpinning Round(マジェスティックウォリアーの2代母)≒モガミポイント(クラシックスの2代母)による相似クロスもできます。

 

 

いずれも父がNorthern Dancer系であり、それぞれの母父であるSecretariatとボールドラッドは3/4同血という関係です。

本馬が属するモガミヒメ牝系においては、このモガミポイントの血をうまく活かすと活躍傾向にあるので、この相似クロスは血統的には重要だと考えています。

 

③については、Mr.Prospectorの血がスピードを伝える傾向にあるので、これをクロスすることで日本のスピード馬場に合う産駒が誕生しているのでしょう。

本馬はMr.Prospectorクロスは持っていないので③には該当しませんが、Mr.Prospector≒Alydarによる相似クロスはできます。

マジェスティックウォリアー産駒のなかには、OP勝ち馬アルファマムのようにこのMr.Prospector≒Alydarを持つ活躍馬も存在します。

 

 

④については、マジェスティックウォリアー自身がBuckpasser4×4を持っているため、これを産駒の世代で継続クロスさせることで父の能力遺伝に繋がるのではと考えています。

本馬の場合、母クラシックスがBuckpasser5×5を持っていることから、父の持つBuckpasserクロスを継続強化できるので④にも該当します。

 

このように本馬を血統面から考察すると、父マジェスティックウォリアーの活躍産駒と類似の血統パターンであることがわかります。

馬体には程よい伸びもあるので、兄姉のように短距離タイプというよりはマイル、あるいは中距離あたりまで距離適性があるのかもしれません。

いずれにしてもダート適性が強い馬になるだろうと予測しています。

 

本馬に関してお問い合わせがございましたら牧場公式サイトからご連絡いただくか、当ブログに連絡先を添えてコメント欄にご記入くださるようお願いいたします。

当場から折り返し連絡させていただきます。

 

(関連記事)

【セレクションセール】№15エイシンキルデアの2023(牡 父インディチャンプ)

【セレクションセール】№242キタサンテンビーの2023(牡 父ミスターメロディ)

 

【セレクションセール】№242キタサンテンビーの2023(牡 父ミスターメロディ)

今回は、当場からセレクションセール2日目に上場予定の№242キタサンテンビーの2023を紹介させていただきます。

本馬の牝系解説文(ブラックタイプ)はこちらからご参照ください。

 

上記の360℃画像は、クリックもしくはタップしながら横にスライドすると回転していきます。

 

【7月15日現在】体高154cm 胸囲180cm 管囲20.3cm 馬体重454kg

 

本馬は現在、当場の高江第1分場(1歳分場)にて昼夜放牧をしながらセリ馴致をしています。

当場の方針として、当場内でセリ馴致する際はセールに上場することだけを目的とせず、将来の競走馬という意味でもしっかりと基礎体力を付けて送り出したい思いから昼夜放牧も同時に実施しています。

G2日経新春杯勝ちのモズベッロ(2017年セレクションセール取引馬)、国内外の重賞を4勝している現役馬ディープボンド(2018年セレクションセール取引馬)、G3エルムS勝ち馬フルデプスリーダー(2018年セレクションセール取引馬)、G2AJCCとG3エプソムCの勝ち馬ノースブリッジ(2019年セレクションセール取引馬)、そして今年のG3葵SとG3北九州記念の勝ち馬ピューロマジック(2022年セレクションセール取引馬)。

彼らはすべて当場生産によるセレクションセール上場馬ですが、当場内で昼夜放牧をしながらセリ馴致をしてセール上場した馬たちです。

正直なところ、昼夜放牧をしながらセリ馴致をすると疲労が溜まりやすいのですが、そのあたりは獣医に相談するなどして適切なケアをしてもらって対応しています。

これまで同様、セール当日に向けて細心の注意を払いながらセリ馴致を進めていきます

 

本馬の母キタサンテンビーは小柄で400kg台で競馬した馬ですが、彼女から生まれてきた産駒は総じて母よりも馬格があります。

本馬もこの時期で体高154cm、馬体重450kg以上ならば十分な馬格を備えていると考えます。

父ミスターメロディにとっては、現在の2歳世代が初年度産駒となります。

大井の新馬戦で6馬身差圧勝したミスタージョンや、JRA新馬戦で2着しているオンザブルースカイなどいますが、まだこの時期なのでこれから種牡馬成績が伴ってきそうです。

当場では毎年ミスターメロディの産駒が生まれていますが、馬体のパターンとしては2種類に分かれると考えます。

1つは、ミスターメロディの父であるScat Daddyに似た雰囲気の馬体の産駒です。

やや重心が低めで、四肢の筋肉量が豊富であり、いかにも短距離適性が高そうな馬体に見せます。

本馬はどちらかと言えば、この1つ目のパターンに属する馬体だと思っています。

本馬に関しては、母父ダイワメジャーの影響も少なからずあるかもしれません。

というのも、本馬の歩様からはサンデー系に見られる独特の柔軟性を感じさせるからです。

ミスターメロディ産駒の2つ目のパターンとしては、ミスターメロディ自身がそうであるように、短距離血統にしてはやや脚長で重心が高く素軽く見せる馬体に出ることがあります。

当場生産の現2歳メロディーロード(牝、父ミスターメロディ)はこのタイプで、母メジェルダの影響も受けて短距離適性が高そうなのですが、Scat Dddy系のなかではそれほど重心が低くありません。

一方で、今回上場予定の本馬もそうですが、ミスターメロディ産駒は平均して気が強い印象があります。

このあたりは、いかにも短距離タイプという気性だと思います。

当然、のんびりタイプよりは、気が強くて行きたがるくらいの雰囲気の馬のほうが短距離向きでしょうから、本馬のこの気性も血統的に合っていると思います。

 

その本馬の血統について、いくつか指摘しておきたいポイントがあります。

もともと、本馬の属するモガミヒメ牝系は、本馬の父ミスターメロディのようにStorm Catの血を持つ種牡馬と相性が良い傾向にあります。

国内外の重賞4勝の現役馬ディープボンドや、JRA4勝で現役OP馬のドンアミティエ、あるいはヘニーヒューズ産駒のダンケシェーン(JRA3勝)やアヴォンリー(JRA3勝)。

彼らはいずれも父の血統にStorm Catが含まれていて、母方はモガミヒメ牝系に属する馬たちです。

血統面でこれを説明するならば、Storm Cat≒モガミポイントによる相似クロスができるので相性が良い、競走馬として成功しやすいと言うことができるかもしれません。

 

 

本馬の5代父Storm Catと本馬の4代母であるモガミポイントは、Storm Bird≒NijinskyというNorthern Dancer系×Bull Page系の組み合わせがあるほか、Secretariat≒ボールドラッドによる4分の3同血クロスもあるなど、血統的に相似性が高い関係だと言えます。

この2つの血脈には多くの北米血脈が含まれていることから、北米血脈らしい力強いスピードが伝わるのではないかと推測します。

Storm Catの血という点では、本馬の母内スカーレットブーケとの間に、Storm Cat≒スカーレットブーケの相似クロスができます。

 

 

どちらも父がNorthern Dancer系であり、母方にCrimson Satanの血がある点でも共通しています。

このStorm Cat≒スカーレットブーケの相似クロスからは、G1馬で現種牡馬のカレンブラックヒル(G1NHKマイル)などが出ています。

また、本馬はNijinsky5×5*6の配合ですが、このNijinskyの血とStorm Catの父であるStorm Birdとは、Storm Bird≒Nijinskyの相似クロスを形成する関係です。

 

 

いずれも父がNorthern Dancerであり、母の父はBull Page系という点で共通しています。

こうして見るとStorm Bird≒Nijinskyの相似クロスがあり、Storm Birdの息子Storm Catの代ではStorm Cat≒モガミポイントとやStorm Cat≒スカーレットブーケの相似クロスができるなど、このStorm Bird~Storm Catのラインは本馬の血統にとって重要な役割を果たしているのがわかります。

特にStorm Catの血は、芝にしろダートにしろ日本適性が非常に高いので、本馬の血統にもスピード優位の日本適性の高さが伝わっていると思います。

このほかにもMr.Prospector≒AlydarやVice Regent≒ノーザンテーストなど、さまざまな配合手法を本馬の配合に織り込みました。

これらの血統パターンが、本馬の競走能力強化につながってほしいと願っています。

 

本馬に関してお問い合わせがございましたら牧場公式サイトからご連絡いただくか、当ブログに連絡先を添えてコメント欄にご記入くださるようお願いいたします。

当場から折り返し連絡させていただきます。

 

(関連記事)

【セレクションセール】№15エイシンキルデアの2023(牡 父インディチャンプ)

【セレクションセール】№494クラシックスの2023(牡 父マジェスティックウォリアー)

 

【セレクションセール】№15エイシンキルデアの2023(牡 父インディチャンプ)

今年のセレクションセールも、昨年同様に当場から3頭の生産馬を上場予定です。

7月22日から始まる初日に№15エイシンキルデアの2023を、2日目には№242キタサンテンビーの2023、そして3日目には№494クラシックスの2023を上場予定です。

今回は、そのうちの上場番号№15エイシンキルデアの2023を紹介させていただきます。

本馬の牝系解説文(ブラックタイプ)はこちらからご参照ください。

 

上記の360℃画像は、クリックもしくはタップしながら横にスライドすると回転していきます。

 

【7月15日現在】体高152cm 胸囲173cm 管囲19.9cm 馬体重430kg

 

本馬は現在、当場の高江第1分場(1歳分場)にて昼夜放牧をしながらセリ馴致をしています。

当場の方針として、当場内でセリ馴致する際はセールに上場することだけを目的とせず、将来の競走馬という意味でもしっかりと基礎体力を付けて送り出したい思いから昼夜放牧も同時に実施しています。

G2日経新春杯勝ちのモズベッロ(2017年セレクションセール取引馬)、国内外の重賞を4勝している現役馬ディープボンド(2018年セレクションセール取引馬)、G3エルムS勝ち馬フルデプスリーダー(2018年セレクションセール取引馬)、G2AJCCとG3エプソムCの勝ち馬ノースブリッジ(2019年セレクションセール取引馬)、そして今年のG3葵SとG3北九州記念の勝ち馬ピューロマジック(2022年セレクションセール取引馬)。

彼らはすべて当場生産によるセレクションセール上場馬ですが、当場内で昼夜放牧をしながらセリ馴致をしてセール上場した馬たちです。

正直なところ、昼夜放牧をしながらセリ馴致をすると疲労が溜まりやすいのですが、そのあたりは獣医に相談するなどして適切なケアをしてもらって対応しています。

本馬は4月生まれということで、当場から上場予定の3頭のなかでは体高が少し低いほうですが、将来に向けては十分な馬格を備えています。

これまで同様、セール当日に向けて細心の注意を払いながらセリ馴致を進めていきます。

 

本馬の父インディチャンプにとっては、この1歳世代が初年度産駒になります。

供用初年度が120頭、2年目が115頭の種付けなので、初年度から安定した人気を誇っています。

というのも、初年度産駒が誕生した昨春の早い段階からインディチャンプ産駒の出来が良いとの情報を耳にしていて、そういうことも影響して供用2年目の種付けが115頭と人気を博した面もあるでしょう。

実際、昨年の4月中旬に本馬が生またときも思わず納得したほど、誕生時の馬体の出来が良かったと記憶しています。

お陰様でその本馬の出来が評価されてか、セレクションセール1日目のプレミアムセッションに合格してくれました。

本馬の血統を配合面から見ると、インディチャンプの3代父であるHaloとエイシンキルデア内のSir Ivorの血が相似クロスを形成する関係になります。

 

 

いずれの血脈もTurn-to、Pharamond、MahmoudそしてSir Gallahadを持つ点で共通していて、このHalo≒Sir Ivorの関係はかなり相似性が高いと見なせます。

このことは、以前本馬の半兄インテグレイト(エイシンキルデアの2021)をセレクションセールに上場する際に書いた紹介記事のなかでも指摘しました。

興味のある方はこちらからご参照ください。

Halo≒Sir Ivorができる配合は底力のある芝馬が生まれやすいと感じていますが、実際にこの血統パターンを持つ本馬の半兄インテグレイトはJRA芝2000の新馬戦を勝っています。

本馬の配合においては、Kigmambo×Sadler’s Wellsの組み合わせにもご注目いただきたいです。

この組み合わせはニックスと呼べるほどの相性の良さがあり、日本においてはG1を3勝したタイトルホルダーや年度代表馬エルコンドルパサーなど、また海外では凱旋門賞馬ワークフォースや英愛2000ギニー勝ち馬Henrythenavigatorなど多くの名馬が誕生しています。

 

本馬も父方にKingmamboを、母方にSadler’s Wellsの血を持っているので、この組み合わせができる血統パターンです。

このほかでは、インディチャンプ内のトライマイベストと、エイシンキルデア内のPassing Moodによる相似クロスも特徴的だと思います。

 

 

いずれもNothern DancerとBuckpasserの組み合わせから成る血統であり、相似性が高い関係です。

さらに言及すると、本馬の2代母Bala(重賞3勝馬スワーヴアラミスの2代母でもある)がBuckpasser3×4を持つ底力あふれる血統をしていることから、この血を活かす意味でもBuckpasserが絡むトライマイベスト≒Passing Moodの相似クロスは有効であると考えます。

 

本馬の母エイシンキルデアについては、以前国内の繁殖牝馬セールにて当場が購買した繁殖牝馬です。

そのため、以前の産駒の出来に関して詳細はわかりませんが、当場にやってきて配合から生産・育成まで手掛けた最初の馬が3歳牡馬インテグレイト(JRA新馬戦勝ち)であり、力を入れている繁殖牝馬です。

当然、本馬にも大きな期待をしていますし、セレクションセールのプレミアムセッションに合格した馬として恥ずかしくない状態でセール上場に臨みたいと思っています。

本馬に関してお問い合わせがございましたら牧場公式サイトからご連絡いただくか、当ブログに連絡先を添えてコメント欄にご記入くださるようお願いいたします。

当場から折り返し連絡させていただきます。

 

(関連記事)

【セレクションセール】№242キタサンテンビーの2023(牡 父ミスターメロディ)

【セレクションセール】№494クラシックスの2023(牡 父マジェスティックウォリアー)