当場生産馬のオールスマート号が園田FCスプリント(重賞)を快勝!

6月13日、園田第11Rの園田FCスプリント(重賞2、ダ820)に当場生産馬のオールスマートが出走しました。

 

 

8歳を迎えた今年1月までは、大井競馬一筋だったオールスマート。

その後、佐賀競馬に転籍してからは勝ち癖が付いたのか、5連勝してこのレースに臨むなかで1番人気に支持されていました。

820Mという特殊な条件のスプリント戦で、オールスマートは抜群のスタートを切って先頭を奪い、そのままレースを進めていきます。

直線に入って追われ始めてからは、さらに後続を突き放す展開で、最後は2着馬に3馬身差をつけて優勝しました。

馬主様をはじめ関係者の皆さま優勝おめでとうございます。

本馬は、庭先取引にて馬主様にご購買いただきました。

大井競馬に所属している当時、2022~2023年に勝ち星がなかったので、年齢的に厳しいのかなと見ていました。

しかしながら、佐賀競馬に転籍すると水が合ったのか、そこで連勝するまでにフィットしてくれました。

それでも、まさか園田重賞を制するまでになるとは想像できませんでした。

重賞でも園田820Mという舞台が本馬に合うという、陣営の慧眼によるものでしょう。

 

先日、G3葵Sを制したピューロマジックや、タイキシャトルCを勝ってOP入りしたバグラダスは、本馬と同じメジェールを牝祖とする牝系です。

特にメジェールの娘メリュジーヌを経た牝系からは、本馬も含めてパワフルなスピードに優れた馬が多く出ています。

重賞を勝ったことでさらに自信を深めたなかで、オールスマート陣営がどのようなレース選択をしていくのか、今後も期待しながら応援したいと思います。

 

セレクションセールに当場生産馬3頭が合格

7月22~24日に、北海道市場にてセレクションセールが開催されます。

当場からは当セールに3頭が合格しています。

 

【セレクションセール1日目(プレミアムセッション)】

№15エイシンキルデアの2023(牡 父インディチャンプ)

 

【セレクションセール2日目】

№242キタサンテンビーの2023(牡 父ミスターメロディ)

 

【セレクションセール3日目】

№494クラシックスの2023(牡 父マジェスティックウォリアー)

 

当場生産馬からセレクションセールに上場した馬はよく活躍してくれていて、これまでに4頭のJRA重賞勝ち馬が出ています。

 

【2017年セレクションセール上場馬】

モズベッロ(G2日経新春杯、G1大阪杯2着、G1宝塚記念3着)

 

【2018年セレクションセール上場馬】

ディープボンド(仏G2フォワ賞、G2阪神大賞典2回、G2京都新聞杯、G1天皇賞・春2着3回3着1回、G1有馬記念2着)

フルデプスリーダー(G3エルムS)

 

【2019年セレクションセール上場馬】

ノースブリッジ(G2AJCC、G3エプソムC、香港G1Qエリザベス二世C3着)

 

【2022年セレクションセール上場馬】

ピューロマジック(G3葵S)

 

今年の上場馬も当セールでしっかりと評価してもらえるように、また将来に向けて立派な競走成績を上げられるように、現在はセール当日に向けてセリ馴致中です。

それぞれの上場予定馬の紹介記事は、後日このブログ上で更新する予定です。

本年も、当場生産のセレクションセール上場馬に是非ご注目ください。

 

【セレクトセール当歳】№438クラシックスの2024(牡 父キズナ)

前回のゼフィランサスの2024につづき、今回も当場からセレクトセール当歳に上場予定のクラシックスの2024(牡、父キズナ)を紹介させていただきます。

本馬の牝系解説文はこちらからご参照ください。

 

 

【誕生時】64kg 【6月17日現在】196kg

 

本馬の母クラシックスはJRAで入着歴はあるものの未勝利で終えて、南関東に転籍して2勝した後に当場にて繁殖入りしました。

ただ、繁殖牝馬としては優秀で、初仔からJRAダートで4勝してOP入りしているドンアミティエ(牡4歳、父アジアエクスプレス)を、2番仔のライトヴェール(牝3歳、父ヘニーヒューズ)はホッカイドウ競馬所属ながらJpn3エーデルワイス賞4着など現時点で6戦3勝2着2回と活躍中です。

母のクラシックスは、血統的にディープボンドの母ゼフィランサスの全妹にあたります。

そのゼフィランサスは初仔からJRAダート3勝のダンケシェーン(父ヘニーヒューズ)を出し、3番仔のディープボンド(父キズナ)は国内外の芝重賞を4勝しています。

この牝系は芝の種牡馬を配合すると芝馬が、ダート系種牡馬を配合するとダート馬を送り出す傾向にあります。

クラシックスもこれまでダート系種牡馬のアジアエクスプレスとヘニーヒューズを配合したことでダート馬2頭を出しましたが、この当歳牡馬はキズナなので芝馬になるのではと予測しています。

実際、本馬のように顔が小さいのは父系であるディープインパクト系の特徴でもありますし、馬体のシルエットも素軽いので、やはり芝向きという印象です。

本馬の体質は、一部のキズナ産駒に見られるように少し硬めに感じさせますが、いずれ柔軟性が増してきそうな雰囲気です。

これまでは非常に順調に成長していて、漆黒の青鹿毛ということもあり、セール当日は見栄えのする馬体で上場できそうです。

さて、この当歳牡馬の血統に目を向けると、父キズナで母がゼフィランサスの全妹ということで、血統的には重賞勝ち馬ディープボンドと同血と見なせる関係になります。

 

 

このように血統的に近親度が高いので、本馬にとってはディープボンドが一つの指標になるでしょう。

№359ゼフィランサスの2024の記事でも指摘しましたが、本馬の配合においてはディープインパクト≒キングヘイローによる相似クロスが成り立っていると考えます。

 

 

いずれの血脈もLyphard、HaloそしてSir Ivorを持つ点で共通しています。

キングヘイロー自身がHalo≒Sir Ivor≒Droneという強力な相似クロスを持つ血統パターンなので、そこにHaloとSir Ivorを持つディープインパクトの血を加えてキングヘイローの血統的特徴を継続させることは、競走能力の強化という点でプラスになると考えています。

実際、本馬と同血の関係にある当場生産馬ディープボンドは重賞を4勝もしてくれて、いまなお重賞戦線で好走してくれています。

ちなみに、以前ディープボンドをセレクションセールに上場(当時はゼフィランサスの2017として上場)した際の紹介記事がこちらにありますので、興味のある方はご参照ください。

本馬の血統においては、Storm Cat≒モガミポイントの相似クロスも特徴的です。

 

 

キズナの母父であるStorm Catとクラシックスの2代母であるモガミポイントは、Storm Bird≒NijinskyというNorthern Dancer系×Bull Page系の組み合わせがあるほか、Secretariat≒ボールドラッドによる4分の3同血クロスもあるなど、血統的に相似性が高い関係だと言えます。

実際、クラシックスにStorm Cat系種牡馬アジアエクスプレスを配合して生まれたドンアミティエ(牡4歳)は現在JRAダートで4勝してOPクラス入り、同じくStorm Cat系のヘニーヒューズをクラシックスに配合して生まれたライトヴェール(牝3歳)もJpn3エーデルワイス賞4着するなどホッカイドウ競馬で活躍中です。

 

今年はジャスティンミラノがG1皐月賞を制するなど、現時点でキズナは種牡馬リーディング争いのトップに位置しています。

このうち、本馬と同じキズナ×キングヘイロー牝馬の組み合わせは、ディープボンドなど8頭がJRAでデビューして6頭が勝ち上がるなど相性の良い配合です。

セール当日は、好調なキズナ産駒である本馬にも是非ご注目ください。

本馬に関してお問い合わせがございましたら牧場公式サイトからご連絡いただくか、当ブログに連絡先を添えてコメント欄にご記入くださるようお願いいたします。

当場から折り返し連絡させていただきます。

 

【セレクトセール当歳】№359ゼフィランサスの2024(牡 父キタサンブラック)

昨年につづき、本年も当場からセレクトセール当歳に2頭合格しています。

そのうち、今回は№359ゼフィランサスの2024(牡、父キタサンブラック)を紹介させていただきます。

本馬の牝系解説文はこちらからご参照ください。

 

 

【誕生時】62kg  【6月17日現在】204kg

 

本馬は、現在のところ国内外重賞を4勝している現役馬ディープボンドの半弟になります。

ディープボンドをはじめ、本馬のきょうだいは父似の馬が多い印象です。

母ゼフィランサスはキングヘイローの娘ですが、彼女の馬体のシルエットからすると、キングヘイローの父ダンシングブレーヴに似た重心が低めの馬体をしています。

ゼフィランサスにキタサンブラックを配合した理由として、彼女の馬体的特徴を補完すべく、重心が高くて脚長のキタサンブラックの馬体的特徴を活かしたいイメージがありました。

生まれてくる当歳は、これまでの母の仔の傾向から父似の脚長の馬体に出るかと想像していましたが、実際に本馬が誕生すると、程よい肉付きに恵まれたバランスの良い馬体に出てくれました。

現状はこの牝系由来の緩さも併せ持っていて、キタサンブラック産駒の活躍傾向を見ると、本馬も完成は古馬になってからだと予想しています。

一方でこの牝系は、その緩さを残しながらも、持ち前の気の強さで2歳戦から活躍する馬が多いのも特徴です。

さて、改めてこの当歳牡馬の血統を見てみると、ディープボンドの半弟であるほかに、キタサンブラック×キングヘイロー牝馬という組み合わせに注目できると思います。

これは、2年連続でJRA年度代表馬に選出されたキタサンブラックの代表産駒イクイノックスと同じ配合です。

 

 

この組み合わせをより深く血統面から掘り下げると、ブラックタイド≒キングヘイローによる血統面の相似性が浮かび上がってきます。

 

 

この2頭はHalo、LyphardそしてSir Ivorを持つ点で共通しています。

これだけ共通祖先を持つ関係だと、血統的な相性の良さ「ニックス」と呼べる組み合わせなのではないかと考えています。

実際、本馬の半兄ディープボンドはキズナ産駒ですが、そのキズナの父ディープインパクトはブラックタイドの全弟なので、ディープボンドと本馬の血統パターンは似ています。

それはすなわち、本馬の血統にブラックタイド≒キングヘイローの相似クロスが見られるように、ディープボンドの血統にもディープインパクト≒キングヘイローの相似クロスが存在することを意味します。

 

 

このことは、過去にディープボンドをセレクションセールに上場する際に紹介した記事にも記したので、興味のある方はこちらからご参照ください。

本馬の配合では、ほかにもWhat a Pleasure(米2歳戦から活躍した快速馬、米チャンピオンサイアー)とボールドラッド(米2歳牡馬チャンピオンの快速馬)による、What a Pleasure≒ボールドラッドの3/4同血クロスも存在するなど、さまざまな相似クロスを織り交ぜています。

過去の活躍馬をクロスさせるなどして競走能力の高い馬が誕生するのを期待する配合から、バランスの良い好馬体の産駒が生まれてくれたと思っています。

実のところ、本馬の前にこの配合からは全姉レーヴスレアリーズが生まれています。

生産牧場段階から好馬体で、クラブ募集するなかで満口にしていただいたほどの見栄えのする馬でした。

育成場さんに移動してからも、過去にその育成場で育成されたJRA重賞勝ち馬たちと肩を並べるほどの乗り味だと評されていました。

しかしながら、不運なことにその段階でケガをしてしまい、当時は回復するなかで持ち直せると思っていましたが、次第に馬体のシルエットも崩れてしまうなど上手く成長曲線を描けずJRA未勝利で終えてしまいました。

当場内でのレーヴスレアリーズの感触が良かった分、もう一度同じ配合をして本馬が生まれた経緯があります。

なんとか全姉の分も活躍してほしいと願っています。

 

今回のセレクトセール当歳では多くのキタサンブラック産駒が上場予定ですが、彼らと比較する意味でも、この記事が参考になると幸いです。

本馬に関してお問い合わせがございましたら牧場公式サイトからご連絡いただくか、当ブログに連絡先を添えてコメント欄にご記入くださるようお願いいたします。

当場から折り返し連絡させていただきます。

 

当場生産・所有馬のバグラダス号がタイキシャトルCを快勝!

6月2日東京第10RタイキシャトルC(3勝クラス、ダ1400)に、当場生産・所有のバグラダス号が出走しました。

 

 

この3勝クラスでは2着、2着、3着、3着と着実に上位でゴールしていたことや、得意の東京ダ1400という舞台というこもあり、トップハンデながら3番人気に支持されました。

このきょうだいは抜群のスタートセンスがあるので、最内の1番枠ならスタート次第で逃げるのもありかなと見ていたら、なんと後方からのスタートになってしまいました。

鞍上のルメール騎手はその時点で腹を括ったのか、無理にポジションを上げようとせず、最後方からレースを進めていきます。

前のほうがハイペースでレースを進めるなか、プレッシャーのかからない位置でしっかりと脚を溜めるバグラダス。

直線を迎えてからも、鞍上のルメール騎手は焦らず一気に突き抜けられるポジションを探していました。

そして、スペースができてから鞍上のゴーサインが出されると、バグラダスが一頭だけ脚色の違う切れ味で一気に駆け上がっていきます。

最後は2着馬に1馬身1/2差をつけて優勝しました。

3F34.1は上がり最速の脚でしたし、重馬場ながらタイムも1:21.8と速かったです。

本馬は当場の生産・所有馬です。

その経緯は旧ブログで以前書いているので、興味のある方はこちらからご参照ください。

嘉藤調教師と会うたびに「バグラダスでなんとかオープンに行きたいね」と話していましたが、念願が叶って大変うれしく思います。

まさか3勝クラスを卒業する際のレース振りが、最後方からの上がり最速の追い込みだったとは思いもしませんでした。

母メジェルダは、これで初仔のメディーヴァル(4勝、韋駄天Sなど)、2番仔バグラダス(4勝、タイキシャトルCなど)そして先日の3番仔ピューロマジック(3勝、G3葵Sなど)と、初年度産駒から3世代連続でJRAオープン馬を出したことになります。

メジェルダの現役時代は、2歳時に非凡なスピードを見せてG3ファンタジーS2着するなど期待されましたが、3歳時以降は残念ながら結果が伴いませんでした。

しかしながら、産駒はメディーヴァルやバグラダスのように古馬になってオープン入りする馬が出るなど、メジェルダはディープインパクト肌の繁殖牝馬として非凡な才能を発揮してくれています。

今年はレイデオロの立派な牝馬を産んでくれたので、当場内に将来に向けてメジェルダの血を残す意味でも、この当歳牝駒は残す方向で調整することになりそうです。

なお、今年はサートゥルナーリアの仔を受胎しているので、来年メジェルダがどんなタイプの産駒を産んでくれるか今から楽しみにしているところです。

 

1 2 3 4 5 6 12